知財戦略:知財の売却

知財の売却は本質的に他の資産の売却と変わりありません。その資産が他人の手に渡った方が価値が出るのであれば売却した方が良いということです。知財でこれがあてはまるのは、知財を生み出した発明家には製造能力はマーケティング能力が不足して、知財の価値を十分に活かせない場合が典型的です。 さらに読む

知財戦略:特許か著作権か

ソフトウェア産業では、WTO加盟国は、コンピュータソフトウェアは著作権法で守られます。この場合でも多くの企業が特許による知財保護も追求します。特許と著作権の両方で知財が守られる国で事業を推進する企業は、先端的なやり方を守る方法として両方の手段を使います。 さらに読む

知財戦略:特許かトレードシークレットか

新規商品や新規サービスを考えている企業が知財戦略を考える際に、まず検討しなくてはいけないのは、どういった形式で知財保護を図るかです。特権(Patent)、著作権(Copyright)、商標権(Trademark)、トレードシークレット(Trade Secret)のどれで行くか。それぞれ異なる優位性があります。
さらに読む