知財戦略:特許か著作権か

ソフトウェア産業では、WTO加盟国は、コンピュータソフトウェアは著作権法で守られます。この場合でも多くの企業が特許による知財保護も追求します。特許と著作権の両方で知財が守られる国で事業を推進する企業は、先端的なやり方を守る方法として両方の手段を使います。

知財戦略としてh、このように特許と著作権の両方を行うことは必要でしょうか?特許の方が著作権よりもコストが高く、取得するのも大変なので、両方実施しなくても良いと思われる人がいても当然です。この判断はソフトウェアの真似のしやすさに依存します。特許の方が、真似を防止するという点では著作権よりも優れたところがあります。著作権で守られたコードを全く使わずに似たような方法で同じ機能を他のプログラムが実現できるのであれば、著作権による保護というのはあまり効果がなく、特許の方が優位性があります。それぞれ争いになった場合の法的手続きの詳細についても、確認しておくのが良いです。

また、特許は、特許申請時点でその方法を開示する必要があるため、本質的に競合他社にイノベーションの仕方を教え、競合製品の出現を加速するということも、忘れてはなりません。