知財戦略:知財の売却

知財の売却は本質的に他の資産の売却と変わりありません。その資産が他人の手に渡った方が価値が出るのであれば売却した方が良いということです。知財でこれがあてはまるのは、知財を生み出した発明家には製造能力はマーケティング能力が不足して、知財の価値を十分に活かせない場合が典型的です。
通常の資産の売却と比べて異なるのは、知財の売却手続きは他の資産の売却よりも難しいということです。これは潜在的買い主にはその知財の価値についての情報が限られ、また知財の売り主は、情報の不正利用を畏れて、その知財の情報を十分に開示することがないからです。
従って、この問題点に対応すれば、企業は知財売却によって利益を得ることが出来ます。
例えば、良く取られる方法の一つが、中核的な特許だけでなく関連特許も大量に取得する戦略です。これにより、真似をするコストが上昇するので、知財の売り主側がより情報を開示しやすくなり、結果として買い主側の不確実さも減るのです。
同様に、様々な方法で潜在的買い主にイノベーションの価値を伝えることが出来ます。例えば、売り主は新規製品の情報を一人の買い主に完全に開示する一方で、そのイノベーションを買い主が不正に流用するような場合には、そのアイデアを他の買い主に売ると脅すというような方法です。この場合、独占的利益を破壊するという脅しが弱い知的財産権を強化しているのです。
売り主は、貴重な知財を部分的に開示し、重要な権利を一部留保するということも出来ます。例えば、買い主会社のストックオプションを報酬として持ったりするということも可能です。まだ未検証のイノベーションの価値が、部分的な開示と保持する権利留保分の内容に影響します。
こういった知財売却のテクニックはあるものの、知財売却は売り主にとってコストがかかるものです。手続きにコストがかかるので、相場を形成する専門の仲介者の役割が生まれます。
仲介者としては、オークション、オンライン売買、NPE、知財ブローカーといった存在が上げられます。どの仲介者が適切かは知財の性質によって異なります。対象の知財が単独で成立するものなのか、大きな知財ポートフォリオの一部として価値があるものかといった点です。現状では知財仲介市場は不動産仲介市場と比べて小さいですが、今後このような仲介市場が大きくなれば、知財の売却は今よりも魅力的なものになる可能性があります。